マーケティング

ECサイトをメディア化する理由とメリット・デメリットとは?

ECサイトにコンテンツマーケティングの手法を取り入れて、メディア化に着手する企業は増えています。その理由はECサイトへの見込み客である流入数を圧倒的に増やして売上を数倍にすることも可能だからです。

ECサイトの売上を増やす手法はいくつもあります。例えば、アパレル業界であれば、インスタグラムなどで、自社製品を効果的にターゲットにアピールする手法もありますが、ターゲットの年齢層が若い層であり、また写真を印象的に使える業界でないと厳しいでしょう。

ですから、どの業界であっても、ECサイトの売上を爆発的に効果を出すにはメディア化がもっとも効果的です。なぜなら、あなたのECサイトとのビジネスに関連のあるSEOキーワードで上位を独占するWEBマーケーティング手法だからです。

本日は、ECサイトのメディア化する理由とメリットとデメリットをebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

ECサイトの各ビジネスモデルのメリットとデメリットを解説

business_model

ECサイトを作って、自社の製品やサービスを広げたいと考えている方は、まずECサイトの様々なビジネスモデルについて調べているのではないでしょうか?

ECサイトが世に出て20年近くが経過し、単なるECサイトから、複数のショッピングモールを連携して、チャネルを拡大するビジネスモデルから、リアルとオンラインの垣根を超えたO2Oや、オムニチャネルなど複雑なシステム連携が必要なビジネスモデルも生まれています。これらのビジネスモデルが生まれた背景は、売上のさらなる拡大と効率化のためです。

しかし、どのECサイトのビジネスモデルにも、メリットとデメリットがあります。

本日は、ECサイトを各ビジネスモデルのメリットとデメリットをebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

ECサイトの基本的なWEB広告と優先順位の解説

advertisement

ECサイトを始めたばかりの事業者や、売上の拡大を考えている方の悩みは

「効果の高い広告はどれか?」
「どんな広告をすればよいのか?」

という悩みだと思います。結論から言えば「リスティング広告」と「リマーケティング広告」を中心に行い、予算に余裕があれば、他の広告のテストを行います。

予算に余裕がなければ、この2つの広告以外を検討してはいけません。なぜならECサイトの広告で最も効率が良いのは、「リスティング広告」と「リマーケティング広告」であり、この2つの広告を中心に予算を使うべきだからです

アフィリエイト広告やFacebook広告は、扱っている商材がマッチすれば、爆発的に流入を増やすことができますが、広告でCVが取れる確実性が落ちたり、広告効果を出すにはノウハウが必要になります。その為、すぐに効果が出る広告ではなく、テストマーケティングが必要になります。

それでは、ECサイトで行うべき各広告について、本日はebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者がECサイトの広告について解説いたします。

続きを読む

広告主がアフィリエイト施策で集客を最大化するための解説

affiliate

ECサイトや事業者などのWEBマーケティングを展開している企業はあらゆる広告を使って集客努力をしていることでしょう。代表的な集客手法はSEOやリスティング広告、メールマガジン施策、そしてアフィリエイト施策です。

個人のアフィリエイターで月収が数百万円という話を聞く一方で、ECサイトや広告主がアフィリエイト施策で大成功したという話はあまり聞きません。アフィリエイトはCPAが最も安い費用対効果の高い広告である一方、広告主の手間が非常にかかる施策なので成果が出る前にアフィリエイトからの撤退、あるいは規模縮小をする事業者がほとんどです。

アフィリエイトはうまく行えば、リスティングに匹敵する集客施策になります。では、なぜほとんどのECサイトや広告主がアフィリエイトで集客を成功させることができないでしょうか?それは本気でアフィリエイト運用をしていないことが原因です。つまり月間予算も20万円未満で、手間をかけずにASP(アフィリエイト仲介会社)まかせになっていることです。これでは絶対に成功しません。

本日は、ECサイトや広告主がアフィリエイト施策を最大化させるポイントをインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が具体的に解説してまいります。

続きを読む

ECサイト売上を集客とCVR改善でアップする具体的方法

graph

ECサイト担当者やオーナーはECサイトの売上をあげるために、苦労していると思います。ECサイトオープンから5年以上経過しているECサイトの担当者の悩みは、以下のようなものではないでしょうか?

「何か新しい施策で売上を増やせないか?」

ECサイトを含め、10年以上企業サイト担当者の経験のある筆者の経験ですと世に出た「新しい施策」で売上を急激に伸ばした経験はなく、むしろ基本に忠実な検索エンジン対策による集客施策をしっかり行うことの方が、売上を伸ばすことができると確信しております。そして集客だけではなく、CVRの改善も同時に行うことが重要です。

それでは、具体的にどのような施策で売上をアップさせればいいのか、WEBマーケティング業界で10年の経験がある筆者が解説します。

続きを読む

ECサイトの商品ページに流入を増やすSEO施策

seo

EC事業者にとって、商品ページのSEOを最適化し、検索結果の上位に表示することは、売り上げに直結する大きな課題です。ひと昔前はSEO業者に頼めば、比較的カンタンに目的のキーワードで商品ページを上位にすることができました。

なぜならブラックハットSEOという手法で、SEOを上げたいページに、SEO業者が用意したブログやWEBページからのリンクを大量に貼ることでSEO順位を大幅にあげることができたからです。

しかし、Googleは2011年頃から検索エンジンのアップデート(ペンギンアップデート)をかけて、ブラックハットSEOを行っているWEBサイトを一斉に取り締まりました。その結果、多くのWEBサイトが順位を下げることになりました。

では、ECサイトオーナーは、今後どのようにSEO施策をしていけばよいのでしょうか?現在のSEOの主流はコンテンツマーケティングです。なぜなら半年もあれば、流入を数倍にすることも可能だからです。

では具体的にどのようにECサイトの商品ページへ流入を増やすのか?本日はebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説いたします。

続きを読む

自社ECサイト・ネットショップの集客方法を解説

楽天やアマゾンなどのショッピングモールへの出店は、出店料や手数料などが多くかかる反面、集客には困りません。しかし自社ECサイトやネットショップへの集客となると、商品やサービスに高いブランド力や認知がないと、集客はカンタンではありません。

では、どのようなマーケティング施策で自社ECサイトへの集客を行えばいいのでしょうか?結論を言えば、短期的にはWEB広告予算のほとんどをリスティング広告に使いつつ、中・長期的には、コンテンツマーケティングの自然検索で集客するのが王道です。

なぜならコンテンツマーケティングは、ワークロードがかかりますが、集客力は抜群で広告費用ゼロ円で、月間数十万PVの集客が1年程度で可能であり、そしてその間の集客としてはリスティング広告がもっとも獲得効率の良い集客方法だからです。

本日はebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が、自社ECサイトの集客方法について、フェーズを分けて、具体的に解説いたします。

続きを読む

【最新版】国内EC市場のEC化率まとめ|BtoBとBtoC

経済産業省が2016年6月に2015年の日本のEC市場、日米中の3ヵ国の越境EC市場などに関する市場調査を発表しています。本日は、経済産業省の調査結果をもとに、EC化率について記事にしました。

引用:平成 27 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

EC化率とはなんでしょうか?例えば、経済産業省のデータから2015年のBtoCアパレル産業(衣服・服装雑貨等)の例で説明します。

アパレル産業のネットとリアル(実店舗)を含めた全商取引は、15兆3086億円。そのうちECサイトなどの電子取引されているものが、1兆3839億円です。ですからアパレル産業のEC化率は9.04%と言えます。

■アパレル産業を例にとったEC化率
1兆3839億円(EC取引総額)  /  15兆3086億円(全商取引総額)= 9.04%(EC化率)

EC化率は対前年比7.9%上昇している他、物販系分野内での構成比率は19%で最も高く、アパレル産業は継続的にEC化率が進んでいる分野と言う事ができます。

EC化率からわかるのは、その産業でどれくらいEコマースが使われているかという指標です。これからビジネスを起こす人や新規事業の担当者は、EC化率を念頭にいれてビジネスプランを立てることで、将来性や競合環境の概要を把握する事ができるのです。

EC化率が高ければ、オンラインを基軸に戦略を置くことになりますし、一方でEC化率が少なければ競合他社の参入が少なくチャンスかもしれません。(産業によってはEC化の敷居の高い場合もあります)

本日は、このEC化率について、経済産業省のデータをもとにインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が解説してまいります。

続きを読む

EC事業についてのまとめ|BtoB,BtoC,CtoC

ECという言葉はすっかり定番になりましたが、英語ではe-commerc(イーコマース)といい、略称がECです。つまりEC事業というのは、インターネット上でおこなう電子商取引を行なる事業のことです。

EC事業の種類には、企業間取引「BtoB」(Business to Business)、企業と消費者間取引「BtoC」(Business toConsumer)、消費者間取引「CtoC」(Consumer to Consumer)があります。また、発音が似ていることから「to」を「2」に置き換えて、B2B、B2C、C2Cと表現することもあります。

EC事業者数は年々増加しており、経済産業省の調査結果によると、2014年度のECの市場規模はBtoBは約280兆円。BtoCは12兆7970億円と極めて大きな市場です。

本日はECを事業としてみた場合について、EC事業の種類から、EC事業の運営に必要なことまで、ebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説してまいります。

続きを読む

ECコンサルティングに仕事を依頼する前に知っておくべき事

「ECサイトの売上があがらない」もしくは「広告を出しているが、昔ほど効果がなくなった」などEC運営者のいろんな悩みがあるかと思います。そうするとプロのECコンサルティングに相談を考えたくなりますよね?

では、ECコンサルティングに相談すれば売上があがるのでしょうか?

結論から言えば、確実に売上は上がります。ECコンサルティングの結果、対前年比10%~50%の売上向上は見込めます。ただし、プロのECコンサルティング会社に依頼した場合に限られます。

一方でECコンサルティングと称し、実はただの広告枠販売や、ツール販売というのが多いのも実情です。では、どういったECコンサルティングの会社に依頼すればいいのでしょうか?

本日はECコンサルティングとはどんなサービスかを説明するとともに、ECコンサルティングで成果をあげる方法を本日はebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説するとともに、最後に筆者おすすめのECコンサルティング会社3社をご紹介いたします。

続きを読む