オムニチャネル

国内・海外事例やO2Oとの違いでオムニチャネルを理解する【完全解説】

img

オムニチャネルは2011年にアメリカの百貨店のメイシーズ(Macy’s)が取り組んだのが由来であり、世に出てきてから5年が過ぎましたが、今でも日本企業にとっては取り組ななくてはならない最重要なテーマとなっています。ではオムニチャネルとはどのようなものでしょうか?

オムニチャネルとは、顧客と企業の接点となる全てのチャネル(店舗、オンライン、カタログ、SNS、広告)を連携させて、全チャネルで連携し、顧客にアプローチを行います。その結果として顧客満足度を向上させることで、囲い込みを行い、売り上げをあげる戦略の事です。

オムニチャネルはなぜ必要なのでしょうか?それはスマートフォンやSNSの普及により、ユーザーの消費行動は複雑・多様化してきており、ユーザーに消費行動にあわせたオムニチャネル戦略をとらない企業は、市場で生き残れなくなるからです。

本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者が、この記事を読めばオムニチャネルの概要が理解できるように解説してまいります。

続きを読む

【最新版】国内EC市場のEC化率まとめ|BtoBとBtoC

経済産業省が2016年6月に2015年の日本のEC市場、日米中の3ヵ国の越境EC市場などに関する市場調査を発表しています。本日は、経済産業省の調査結果をもとに、EC化率について記事にしました。

引用:平成 27 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

EC化率とはなんでしょうか?例えば、経済産業省のデータから2015年のBtoCアパレル産業(衣服・服装雑貨等)の例で説明します。

アパレル産業のネットとリアル(実店舗)を含めた全商取引は、15兆3086億円。そのうちECサイトなどの電子取引されているものが、1兆3839億円です。ですからアパレル産業のEC化率は9.04%と言えます。

■アパレル産業を例にとったEC化率
1兆3839億円(EC取引総額)  /  15兆3086億円(全商取引総額)= 9.04%(EC化率)

EC化率は対前年比7.9%上昇している他、物販系分野内での構成比率は19%で最も高く、アパレル産業は継続的にEC化率が進んでいる分野と言う事ができます。

EC化率からわかるのは、その産業でどれくらいEコマースが使われているかという指標です。これからビジネスを起こす人や新規事業の担当者は、EC化率を念頭にいれてビジネスプランを立てることで、将来性や競合環境の概要を把握する事ができるのです。

EC化率が高ければ、オンラインを基軸に戦略を置くことになりますし、一方でEC化率が少なければ競合他社の参入が少なくチャンスかもしれません。(産業によってはEC化の敷居の高い場合もあります)

本日は、このEC化率について、経済産業省のデータをもとにインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が解説してまいります。

続きを読む

EC事業についてのまとめ|BtoB,BtoC,CtoC

ECという言葉はすっかり定番になりましたが、英語ではe-commerc(イーコマース)といい、略称がECです。つまりEC事業というのは、インターネット上でおこなう電子商取引を行なる事業のことです。

EC事業の種類には、企業間取引「BtoB」(Business to Business)、企業と消費者間取引「BtoC」(Business toConsumer)、消費者間取引「CtoC」(Consumer to Consumer)があります。また、発音が似ていることから「to」を「2」に置き換えて、B2B、B2C、C2Cと表現することもあります。

EC事業者数は年々増加しており、経済産業省の調査結果によると、2014年度のECの市場規模はBtoBは約280兆円。BtoCは12兆7970億円と極めて大きな市場です。

本日はECを事業としてみた場合について、EC事業の種類から、EC事業の運営に必要なことまで、ebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説してまいります。

続きを読む

ECとの連携でO2Oを実現するタブレットPOSのメリット

ec-pos

多くの小売業では実店舗とECサイトの連携がまだまだ進んでおらず、せっかくのECサイトも実店舗の1つとして扱われているのが現状です。

しかし小売業においてECとPOSの連携が実現すれば、在庫情報や顧客情報、ポイント情報を実店舗とオンラインでつなぎ、お客様との接触回数や販売機会が向上し、お客様が欲しい時に欲しいモノを時間、場所の制限を超えての顧客本位な接客が可能になり、売上を拡大するO2O施策を実施できます。

O2O施策を実施しなければ競合企業が先にO2Oを実施し、あなたの会社が市場から取り残されるかもしれません。ではO2Oを実施するにあたって何からはじめるべきでしょうか?まずはECサイトとPOSの連携からはじめる事です

ECとPOSの連携を前提に考えるとWEBシステムベースのソフトウェアで構成されているタブレットPOSの導入が最も近道となります。

タブレットPOSの普及は矢野経済研究所が、2014年10月30日に発表した「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」によれば、2013年度末の段階で、8,200店舗でした。2014年度末は18,800店舗の見込みで2倍以上の伸び率であり、急激に普及しています。

矢野経済研究所 「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」※PDF

その背景にはリクルートなどの大手が参入してきたこともあげられますが、インタフェースはスマートフォンとほぼ同じで若い世代にも親しみやすいタブレットPOSはこれからもどんどん普及して行くと思われます。

それではタブレットPOSの導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか?本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者がタブレットPOS導入の3つのメリットを解説いたします。

続きを読む

大手4社から学ぶオムニチャネルマーケティング事例の解説

omuni

オムニチャネルは今では誰もが耳にしている言葉です。オムニチャネルは、omni(全て)とchannel(経路)で成り立ち、全ての顧客接点で購買に結び付けるという意味です。

しかし、この解釈は昔から実施しているマルチチャネルと大差がありません。オムニチャネルとは販売するだけではなくユーザーエクスペリエンスが含まれ、マーケティング戦略の中心的存在であります。

では、全ての顧客接点でどのようにマーケティングをすればいいのでしょうか?

本日は株式会社インターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者がオムニチャネルを実践している業界大手4社の事例を交えてオムニチャネルマーケティングを解説いたします。

続きを読む