「新しい買い物体験」をebisumartで実現:伊東屋様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対談者プロフィール

株式会社伊東屋
企画開発本部 執行役員 本部長 松井 幹雄 様
株式会社インターファクトリー
取締役 三石 祐輔(インタビュアー)

事業概要について

明治37年に創業し、今年で111年目を迎えました。文房具や生活雑貨の販売をメインとした小売事業や、伊東屋オリジナルの商品の企画・開発や卸売事業を行っています。現在、東京・銀座を拠点として、 国内外合わせて21店舗展開しており、2015年6月には「G.Itoya」として新本店をリニューアルしました。

リニューアルした銀座本店について

「クリエイティブな時を、より美しく、心地よく」をコンセプトに、環境や空間、食事などを含めて、働く人全体をサポートしたいという想いが込められたフロア構成になっており、文房具という道具をご提供するだけでなく、仕事をよりクリエイティブなものにするための「モノ・空間・体験」などを、様々なシーンごとにご提案しています。

そのため、新本店には、文房具売り場だけでなく、カフェ&レストランや会議、ホールも備わっています。
また、各フロアに様々な「体験スペース」を設けています。2Fフロアには「郵便ポスト」が設置され、その場で手紙を書いて、ポストに投函することができます。

流通革命が起こり、モノがあること・購入できることはほぼ当たり前の時代になっています。このような時代背景の中で、実際に試すことができる・経験できるということを大事にしていきたいと考えています。
お客様インタビュー伊東屋様2

伊東屋のECの役割について

前提として、当社は「実店舗での買い物」に重点を置いており、IT(EC)を活用して、実店舗での買い物のデメリットとなるポイントを解消させるという考えです。

実店舗で買い物をするメリットは、「質感や感触を確かめられる」「偶然の出会いや発見がある」ことなどが挙げられると思います。その反面、「お店に足を運ばなくてはならない」「商品や在庫情報がすぐにわからない」「レジに並ばなくてはならない」「荷物になる」といったデメリットもあります。このような不便な点をIT(EC)で解消し、心地の良い買い物体験を実感していただきたいと考えています。

伊東屋様が考える「新しい買い物体験」とは?

株式会社伊東屋 松井 幹雄 様

株式会社伊東屋 松井 幹雄 様

いかに、自然に心地よく買い物ができるか、を重視し、新しい買い物体験の仕組みを取り入れています。具体的には、伊東屋独自の会員アプリを利用して、実店舗上でEC決済ができるようになります。(来春以降公開予定)

例えば、売り場にある商品を「iMirror」と呼ばれるIT内蔵の鏡(姿見)の近くに持っていけば、その商品の価格や在庫情報、カラーバリエーションがディスプレイ上に映し出されます。同じ用にお客様のスマートフォンで商品コードをスキャンすれば商品情報が見ることができます。

また、レジに並ばずにその場でスマートフォンを用いて、オンライン決済をし、その場で受け取ることも、配送を指定することも可能です。これにより、先に述べた、「店舗スタッフに商品情報を聞く」「レジに並ぶ」「荷物になる」という行為が解消されます。この仕組みは、「ebisumart」と、独自アプリの連携により実現しました。

ebisumartについて

「ebisumart」を選んだ理由として、SaaSサービスによる運用の容易性、機能の拡張性、操作性 という観点で優れていた点です。運用開始後も、機能制限があることでの不便さやビジネス上の問題は特にありませんし、当初の目的は達成しています。今後も「実店舗」「EC」それぞれの良い所は伸ばし、デメリットとなる部分は互いに補えあえる関係を築いていきたいと思います。

今後の展望について

まずは、伊東屋の店舗を増やしていき、より多くの方に伊東屋を知っていただきたいと考えています。タブレットやスマートフォンが急速に普及し、文房具に触れる機会が少なくなっている中、働く人たちをサポートする伊東屋であるとともに、社会と子供たちが繋がる環境も提供できるようになりたいと思っています。

お客様インタビュー伊東屋様4

 

株式会社伊東屋様、お忙しい中ありがとうございました。
(取材日:2015年9月)


会社概要

社名:株式会社伊東屋
本社:東京都中央区
事業:文房具・生活雑貨の販売
創業:1904年6月

運営サイト

サイト名:伊東屋オンラインストア
URL:http://store.ito-ya.co.jp/
文房具専門店の銀座・伊東屋の公式オンラインストアです。 限定モデルの高級筆記具、オリジナル手帳、直輸入のステイショナリーなど、品揃え豊富に展開されています。
伊東屋様独自の「メルシーカードポイント」とその会員情報をEC基盤に統合し、実店舗とオンラインストアでシームレスなサービスを提供しています。
さらに、実店舗での新たな買い方を実現するために、スマートフォンアプリとの連携(会員認証,EC決済)を実現しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムニチャネルの導入方法と構築費用 解説集無料ダウンロード


omnichannel

【EC担当者向け】オムニチャネルの導入方法と構築費用 解説集無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*