定期便の割合が増加しました:ニッピコラーゲン化粧品様

対談者プロフィール

株式会社ニッピコラーゲン化粧品
宣伝部 制作・WEB課 課長 水関 祐司 様
WEB課 保木 円佳 様
WEB課 Webデザイナー 藤嶋 実咲 様
株式会社インターファクトリー
取締役 三石 祐輔(インタビュアー)

ニッピコラーゲン化粧品の事業概要について

ニッピコラーゲン化粧品 水関 祐司 様

ニッピコラーゲン化粧品は、自社グループのコラーゲンを原料とする化粧品と健康補助食品を商材としたBtoC向けの販売を行っています。
世界に先駆けてコラーゲンの研究・開発を行っており、今でこそよく目にする「生コラーゲン」も、1960年に抽出に成功して、1963年に特許を取得しています。

特許取得以来、医療・食品・化粧品原料などさまざまな分野でコラーゲン原料を提供しています。
品質を管理するため、自社グループ内に研究所と製造工場を持ち、研究開発から製造・販売まで一貫して行っています。

EC事業の役割について

大きく分けて2つあります。
1つ目は、効率のよい広告媒体に出稿して新規のお客様にお越しいただくことです。
2つ目は、お越しいただいた新規のお客様をECサイトに誘導して、本商品をご購入いただくことです。

特に、2つ目に関しては、今回のリニューアルは大きく関与します。「既に商品をお試しいただいている方には、本商品の購入を促し、都度購入いただいている方には、定期購入へ誘導する」といったように、できるだけLTVを高くすることが大きな役割となります。
よって、今回のリニューアルでは、できるだけ定期購入へ誘導するような仕組みにすることに注力しました

ebisumartを採用した決め手について

SaaSシステムであること・豊富な導入事例・運用コストが削減できるという3点です。

SaaSシステムの柔軟性や、使いたいものを使いたい分だけ、という特長はとても魅力的に感じました。また、弊社のような単品通販系会社において、導入実績はかなり重視するポイントでした。
運用コストについては、決められた予算の範囲内で当社が実現したいことをどこまでできるか、を基準に考えたときに「ebisumart」がもっとも優位性があったため、採用しました。

ニッピコラーゲン化粧品 保木 円佳 様

スタッフの対応や改善点など率直にお聞かせください

まずは、連日にわたりご丁寧に対応いただき感謝しています。
開発関連会社との情報連携をもう少し強化出来れば、さらに良かったかと感じております。その辺に関して、開発の中心になるSE部隊のみなさまと今後の連携を強化していくとともに、期待をしています。

ebisumart導入後の効果はありましたか?

導入前後で全体の売上構成をみてみると、定期便の割合が増加しました。定期便の割合が増加することは、LTVと全体売上に寄与するところが大きいです。

今後の展望について

エイジングケア商品を扱っているため、当社のお客様は高齢の方が多く、Webでのお買い物に不慣れな方々です。そのようなお客様にも、できるだけWebでご注文いただけるよう、今後もユーザビリティの高いサイト作りを心掛けていきたいと考えています。

ニッピコラーゲン化粧品 藤嶋 実咲 様

また、コラーゲンそのものが世の中的によく知られたものとなり、市場にもコラーゲン配合の商品が数多く出ています。その一方で、コラーゲンの本家本元であるはずの当社、および当社の商品の特長があまり認知されていないというのも事実です。一人でも多くの方に、当社の商品の特長を知ってもらい、試していただくことで、その質の高さを実感していただきたいと思います。

今回のリニューアルでも、「コラーゲンについて」というコンテンツを目立つ場所に設置し、研究開発の歴史や当社の製品の品質についてなど、情報発信の部分にも注力しました。「コラーゲンといえばニッピ」と言っていただけるように、今後も努めてまいります。

4

株式会社ニッピコラーゲン化粧品様、お忙しい中ありがとうございました。
(取材日:2014年9月)


会社概要

社名:株式会社ニッピコラーゲン化粧品
本社:東京都足立区
事業:化粧品の製造・販売、健康補助食品の製造・販売
創業:1988年6月

運営サイト

サイト名:ニッピコラーゲン化粧品
URL:http://www.nip-col.jp/
株式会社ニッピコラーゲン化粧品様が運営する、コラーゲン配合 のスキンケア商品やサプリメントなどの販売サイトです。 基幹システムとの連携や、定期的に商品をお届けする「定期販売」、一覧から直接カートに入れるクイック注文などを実現いたしました。



EC運営に役立つ無料ダウンロード資料

ABOUTこの記事をかいた人

三石 祐輔(インタビュアー)

2011年9月、株式会社インターファクトリーに入社。 「ebisumart」の広報・マーケティングとアライアンス推進業務を担当。 2013年1月、株式会社インターファクトリー取締役に就任。 現在は事業戦略チーム・パートナー戦略チーム・マーケティングコミュニケーションチーム・セールスチームを統括。