ECと物流をリアルタイム連携するためのポイントとは?

数年前ならECサイトで注文したものが翌日到着でも違和感のない時代でしたが、現在は当日到着が当たり前の時代になりました。

2015年11月19日にAmazonが午前6時~深夜1時までの注文であれば、商品を注文から1時間以内に届けるサービス「Prime Now」の提供を都内の一部で開始しました。地域は限定的とはいえ驚異的なサービスです。また昨今はヨドバシカメラの独自の物流システムは配達の速さと利便性に注目が集まっております。

こうした配達の速さや利便性の向上の流れはユーザーの配送の意識にも影響を与え、「注文が当日に届いて便利で感動!」といった意識から「注文は当日に届くし、便利なのは当然」という意識になって行くのは間違えありません。そうなるとAmazonやヨドバシカメラ以外のECも時代の流れにあわせて改善しなくてはなりません。

では具体的にどのようにECと物流を改善して行けば良いのでしょうか?それには「ECサイト」と「物流」をリアルタイム連携し、品質が高い物流会社にアウトソースする必要があります。

本日はECサイトにおける物流の最適化についてインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説いたします。

続きを読む

メリット・デメリットで選ぶ!ECで使うべき決済方法とは?

ECサイトの決済方法には様々な種類がありますが、ECサイトを構築した時には、どういった決済方法を選ぶべきでしょうか?クレジット決済だけカバーすればいいのでしょうか?

まずはEC市場ではどんな決済方法が使われているのか調べてみました。

少し前の資料になりますが、経済産業省から2014年8月に発表された「平成 25 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る 基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によれば、2013年のクレジットカードでの支払いは63.4%で一番の利用率となっていますが、2012年に比べて4.4ポイント減少しており、その分デビットカード、電子マネー、キャリア決済などに分散されて増加しています。

「平成 25 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る 基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」:PDF

クレジットカード利用が減少している原因として3つの要因が考えられます。

①個人情報リスクを避けるためクレジットカード情報の送信を控えたい
②多様な決済サービスの普及
③10代、20代のクレジットカード離れ

といった点です。このため「クレジットカード決済のみに対応していれば大丈夫」という考え方でいると、クレジットカードの減少トレンドにそって、あなたのビジネスの売上も減少するかもしれません。とはいえ多様な決済方法の中から、どの決済方法を選択すればいいのでしょうか?

ざっくりですが、どんな業界でも「クレジット決済」「代引き」「コンビニ決済」の3つの決済方法に対応すれば、ターゲットユーザーのほとんどをリーチできます。

しかし、あなたのECサイトに最適な決済方法を検討するにあたって「ユーザーの年齢」「ユーザーの性別」「あなたの会社のビジネスモデル」の3つの要素から決済方法を導きだす必要があります。

そしてその3つの要素と各決済方法のメリット・デメリットを理解した上で、決済方法を選ぶのが正しい選択の方法です。なぜなら各EC事業によって最適な決済方法は異なるからです。

本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者が、各決済方法のメリット・デメリットを解説いたします。

続きを読む

ECとの連携でO2Oを実現するタブレットPOSのメリット

多くの小売業では実店舗とECサイトの連携がまだまだ進んでおらず、せっかくのECサイトも実店舗の1つとして扱われているのが現状です。

しかし小売業においてECとPOSの連携が実現すれば、在庫情報や顧客情報、ポイント情報を実店舗とオンラインでつなぎ、お客様との接触回数や販売機会が向上し、お客様が欲しい時に欲しいモノを時間、場所の制限を超えての顧客本位な接客が可能になり、売上を拡大するO2O施策を実施できます。

O2O施策を実施しなければ競合企業が先にO2Oを実施し、あなたの会社が市場から取り残されるかもしれません。ではO2Oを実施するにあたって何からはじめるべきでしょうか?まずはECサイトとPOSの連携からはじめる事です

ECとPOSの連携を前提に考えるとWEBシステムベースのソフトウェアで構成されているタブレットPOSの導入が最も近道となります。

タブレットPOSの普及は矢野経済研究所が、2014年10月30日に発表した「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」によれば、2013年度末の段階で、8,200店舗でした。2014年度末は18,800店舗の見込みで2倍以上の伸び率であり、急激に普及しています。

矢野経済研究所 「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」※PDF

その背景にはリクルートなどの大手が参入してきたこともあげられますが、インタフェースはスマートフォンとほぼ同じで若い世代にも親しみやすいタブレットPOSはこれからもどんどん普及して行くと思われます。

それではタブレットPOSの導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか?本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者がタブレットPOS導入の3つのメリットを解説いたします。

続きを読む

ECマーケティングとマーケティングの違いとは?

ECに携わっている人なら、ECマーケティングという言葉をよく目にすると思います。インターネットで調べてみると、サイトによって説明が情報がまちまちで、ECマーケティングをしっかり説明しているサイトはあまりありません。

ではECマーケティングとは経営学者や企業のマーケティング担当がいうマーケティングと何か違うのでしょうか?

ピーター・ドラッカーは、「マーケティングの目的は、販売を不要にすることなのである。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客にあった製品やサービスが自然に売れるようにすることなのだ。」と紹介しています。

つまり、「マーケティングとは顧客を理解し、顧客に選ばれるようになるための様々な施策を計画して実行すること。」といえると思います。

では、ECマーケティングとはどのようなものなのでしょうか?ECはインターネットの世界のビジネスですから、ドラッカーが言うマーケティングに、「EC固有の要素を考慮し、ECに適したマーケティング」を行う必要があります。そのEC固有のマーケティング要素を下記の3つに定義してみました。

(1)全世界が商圏
(2)PC・スマートフォンでの接客
(3)アクセスデータ分析

本日はこのEC固有の3つのマーケティング要素について、株式会社インターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説いたします。

続きを読む

大手4社から学ぶオムニチャネルマーケティング事例の解説

オムニチャネルは今では誰もが耳にしている言葉です。オムニチャネルは、omni(全て)とchannel(経路)で成り立ち、全ての顧客接点で購買に結び付けるという意味です。

しかし、この解釈は昔から実施しているマルチチャネルと大差がありません。オムニチャネルとは販売するだけではなくユーザーエクスペリエンスが含まれ、マーケティング戦略の中心的存在であります。

では、全ての顧客接点でどのようにマーケティングをすればいいのでしょうか?

本日は株式会社インターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者がオムニチャネルを実践している業界大手4社の事例を交えてオムニチャネルマーケティングを解説いたします。

続きを読む