商品の登録から販売、受注データの管理までの流れを理解して業務を効率化:販売・受注管理編レポート【ebisumart Academy】


2019年10月18日(金)、弊社会議室にてebisumart Academy販売・受注管理編を開催しました。

今回は5名のebisumartユーザー様にお越しいただき、ebisumartの商品管理機能と受注管理機能について解説いたしました。

はじめに

ebisumart Academyは、ebisumartの標準機能やオプション機能について、活用事例を交えながらご紹介する講座です。お客様から「機能がありすぎてよくわからない」、「毎週アップデートしているが結局何を使っていいかよくわからない」というお声をいただいたことがきっかけで、このような勉強会を開催しています。

ユーザー様限定、定員6名の少人数制で無料の講座となっております。

販売・受注管理編レポート

それでは実際の講座内容をレポートします。

講義時間は約2時間30分で、コミュニケーションタイム、販売・受注管理編の講義、質疑応答の流れで行われました。

コミュニケーションタイム

◆コミュニケーションタイムのねらい

ebisumart Academyでは、最初に自己紹介をしていただくコミュニケーションタイムを設けています。少人数ですので、ユーザー様同士のコミュニケーションの場にもしていただけます。
また、ebisumartの気になる機能を教えていただくことで、講座の中でより詳しくお話できる場合もありますので、講師とコミュニケーションをとる上でも重要な時間です。

今回は初参加のお客様や、以前にもご参加いただいているお客様など様々な方にお集まりいただきました。知識を整理したいというお話や、新しく追加された機能が知りたいというご要望などをいただき、本講座に入りました。

販売・受注管理編

◆販売・受注管理編とは

販売・受注管理編は、商品の登録から販売、受注データの管理まで、一連の流れの中でebisumartの機能を知っていただくことをテーマにしています。最近ebisumartを使い始めた方はもちろん、商品登録や受注処理の担当をしている方、商品ページを工夫したいとお考えの方におすすめの講座です。
商品登録の項目や管理画面の操作方法などを解説いたしますので、販売・受注業務を円滑化していただけます。
販売・受注管理編の他にも、標準機能を広く紹介する超初級編や、他の機能に焦点を当てた講座もございます。

今回の販売・受注管理編では、3つのポイントに分けてお話させていただきました。

 

(1)商品を登録する

商品登録の基礎的な方法と、すぐにできる使い方をピックアップし、詳細条件の登録方法をご紹介しました。よくお問い合わせがあるポイントや、おすすめの活用法もご提案させていただきましたので、課題解決のヒントになったのではないでしょうか。特に活用事例のご紹介を熱心に聞いていらっしゃる方が多く、さっそく使いたいというお声もいただきました。
また、お客様同士での事例の共有や、「こんな機能がほしい」というご要望など、活発に意見交換が行われていました。ご要望の中には最近のアップデートで実現済のものもあり、新しい機能を知る機会にしていただけた場面となりました。

(2)商品を販売する

カート周りや商品を比較検討できる機能などをご紹介しました。また、活用事例のご紹介や商品一覧ページ、商品詳細ページの仕組みについてもお話しました。
商品登録の項目に続いてこちらでもご要望を多数いただきましたので、合致する機能をご提案し、管理画面の操作方法を解説いたしました。サポートサイトのおすすめ機能特集の該当項目もご案内いたしますので、講座後でも安心してお試しいただけます。

(3)受注を管理する

受注データの登録方法や活用事例をご紹介しました。
受注のデータ管理でよく使うおすすめの機能について、設定の方法を詳しく解説いたしました。注意点も交えて事例をお伝えしましたので、実際に利用するイメージを持っていただけたのではないでしょうか。

質疑応答

講義終了後はアンケートにご協力をお願いしております。また、質問も受け付けておりますので、講義の内容でさらに詳しく聞きたいことや、普段の業務でお困りの点、ebisumartへのご要望など、ご相談もしていただけます。

さいごに

ebisumart Academyでは、これからもユーザー様の役に立つ講座を開催してまいります。
ebisumartをお使いいただく中での疑問点解消や、他のユーザー企業様の活用事例が知りたいなど、ご要望にお応えしていきたいと考えております。
ぜひご参加お待ちしております。

クラウドECサービス:ebisumart

 

 


EC運営に役立つ無料ダウンロード資料