ECとの連携でO2Oを実現するタブレットPOSのメリット


多くの小売業では実店舗とECサイトの連携がまだまだ進んでおらず、せっかくのECサイトも実店舗の1つとして扱われているのが現状です。

しかし小売業においてECとPOSの連携が実現すれば、在庫情報や顧客情報、ポイント情報を実店舗とオンラインでつなぎ、お客様との接触回数や販売機会が向上し、お客様が欲しい時に欲しいモノを時間、場所の制限を超えての顧客本位な接客が可能になり、売上を拡大するO2O施策を実施できます。

O2O施策を実施しなければ競合企業が先にO2Oを実施し、あなたの会社が市場から取り残されるかもしれません。ではO2Oを実施するにあたって何からはじめるべきでしょうか?まずはECサイトとPOSの連携からはじめる事です

ECとPOSの連携を前提に考えるとWEBシステムベースのソフトウェアで構成されているタブレットPOSの導入が最も近道となります。

タブレットPOSの普及は矢野経済研究所が、2014年10月30日に発表した「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」によれば、2013年度末の段階で、8,200店舗でした。2014年度末は18,800店舗の見込みで2倍以上の伸び率であり、急激に普及しています。

矢野経済研究所 「タブレットPOS 市場に関する調査結果2014」※PDF

その背景にはリクルートなどの大手が参入してきたこともあげられますが、インタフェースはスマートフォンとほぼ同じで若い世代にも親しみやすいタブレットPOSはこれからもどんどん普及して行くと思われます。

それではタブレットPOSの導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか?本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者がタブレットPOS導入の3つのメリットを解説いたします。

タブレットPOS導入の3つのメリット

タブレットPOSには以下の3つのメリットがあります。

(1)お客様に喜ばれる顧客本位な接客
(2)リアルタイムに詳細な分析
(3)コスト削減

順に解説します。

(1)お客様に喜ばれる顧客本位な接客

持ち歩けるタブレット端末の特徴を最大限に活かした接客として下記の3つがあげられます。

①場所にこだわらず接客できる。

従来のPOSでは、商品の情報や在庫を調べるにしてもレジにお客様に移動をお願いしたり、あるいはお客様をに待っていただくという接客が基本でしたが、タブレットPOSならお客様がいるその場ですぐに情報検索や在庫検索ができ、お客様に快適に買い物を楽しんでもらえます。

②在庫の確認や商品バリエーションなど正確な情報を伝えられる。

あなたもお店で在庫確認や色やサイズのバリエーションの確認を店員に頼んだ時、店員が確認作業にもたついていて、イライラしたことはありませんか?しかしタブレットPOSならリアルタイムに在庫情報や商品情報が確認できます。お客様に正確な情報をすぐに伝えることができ、もし店舗に在庫がない場合でも、お客様にECサイトで購入をすすめることができ販売機会を逃しません。

③タブレットだから、経験の少ないアルバイトでも自信をもって使える。

従来のPOSでは、経験の少ない社員への研修に時間がかかりますし、アルバイトが不安なくPOSを扱えるには時間がかかりました。しかしタブレットPOSのインタフェースは若い方が慣れ親しんでいるスマートフォンとほぼ同じですから、教育時間の短縮にもつながり、POS操作に不安がないので、アルバイトでもお客様の接客に時間を費やす事できるのです。

(2)リアルタイムに詳細な分析

従来のPOSでは難しかったリアルタイム分析が容易にできます。本部が今まで営業時間終了後の締め処理まで待たないと売上等のデータがわからなかったのに対して、タブレットPOSではリアルタイムに各店舗の情報を把握できます。

例えば

「本部が各店舗の状況をリアルタイムに把握」
「店舗間の在庫の移動」

といった事が可能になるので、タイムリーな施策が本部から指示する事ができます。

クラウドの分析システムと連動

従来のPOSでもクラウドシステムと連動は可能です。しかしシステムや統計の深い知識が必要になり誰でもできるわけではありませんでした。しかしWEBシステムベースのタブレットPOSならクラウドの分析システムと連動がスムーズで、今まで見えなかった傾向をつかみ新たなマーケティング施策をスピーディーに実施できます。

スキルがあるベテランのスタッフに売上面で頼ってしまうのは、小売店ではよくある課題でしたが、タブレットPOSにより詳細な分析と施策の実施が可能になりでベテランスタッフに依存しない体制を作ることができるのです。こういったビックデータ分析が簡単にクラウドで繋ぎ込みができるのもタブレットPOSの強みです。

(3)コスト削減

導入・月額コスト

従来のPOSであれば、初期費用で100万円以上かかる事がほとんどです。またPOSのハードの入れ替えにも大きなコストがかかりますし、カスタマイズも高額です。しかしタブレットPOSでは月額1万円を切るケースも出てきておりますし、初期費用を無料で展開する企業もあります。またタブレット端末自体も数万円のため、事業の規模に合わせて端末規模の追加ができます。

ソフトウェアのバージョンアップ

従来のPOSはWindows95やリナックスベースのレガシーシステムのため、バージョンアップに関しても規模の大きい改修が必須で、かかるコストも大きいものでした。しかしタブレットPOSならWEBベースシステムのためバージョンアップも随時行われコストもかかりません。ASPのように時流にあわせてシステムが最新化するため、陳腐化する事がありません。

 

以上がタブレットPOSのメリットでした。しかしメリットばかりと思われるタブレットPOSにも、デメリットも存在します。それはセキュリティー面です。次にデメリットを解説いたします。

タブレットPOSのデメリット

タブレットPOSの良いところは持ち運びができることですが、逆に簡単に持っていかれてしまうリスクがあります。タブレット端末を物理的に盗まれるだけなら仕方ないと割り切れますが、一番のリスクはタブレット端末から顧客情報、売上情報などの重要な情報を抜き出すことができることです。

パスワードで保護しているから大丈夫と思うかもしれませんが、お客様の接客を迅速にできるように画面を立ち上げたままのスタッフが端末を持ち歩くかもしれませんし、あるいは簡単なパスワード設定をしてしまうことも想定できます。

これらの事が起こるリスクは高くないのですが、端末が盗まれる事を前提として運用ルールを徹底する必要がります。個人情報漏えい問題を起こしてしまうと、事業として致命的なダメージを受けてしまうからです。

今後のタブレットPOSの普及は?

ECとのPOS連携にはタブレットPOS導入が必須である事は紹介してきましたが、タブレットPOSの普及には大きな壁があります。

タブレットPOSは、従来型のPOSとは違ってキャッシュドロア、レシートなどの周辺機器を別途、購入して接続しなければなりませんが、これらの周辺機器とタブレットは相性が良くありません。周辺機器はRS232Cという規格で接続されますが、タブレットにはRS232Cを接続することはできません。

接続するには、Micro USBをRS-232Cに変換ケーブルが必要になり、さらにドライバーも開発しなければなりません。ですので、タブレットPOSを利用するには、動作確認が取れている推奨する周辺機器以外は、動かない可能性があります。つまり、選択肢が無いということです。

この周辺機器の仕様ですが、OPOS(Open Point of Service)技術協議会で、標準化を決めて推進しています。また、日本マイクロソフトも幹事会員として参加しており、ソフトウェアはマイクロソフトが基準になる構図です。

一方、タブレットPOSで使われている、iOS(アップル)やAndroid(グーグル)は、OPOS技術協議会に参加していません。今後タブレットPOSの普及率を上げるには、OPOS技術協議会への参加が必要と思います。どうしても周辺機器の制約が普及を鈍らせる影響をしているからです。

タブレットPOSの普及にはアップル、グーグルも参加し、周辺機器との接続できる標準ドライバーとして提供することが望まれます。このことから考えると、直近ではマイクロソフトのタブレットが主流となり、アップル、グーグルが追随してくるのかもしれません。

いずれにせよ、タブレットPOS普及はユーザーも事業者もメリットを享受できますので、今後これらの規格が統一されることを望みます。

最後に

本日は小売業においてのタブレットPOS導入のメリットを紹介いたしました。タブレットPOSを導入すればECサイトと実店舗を連携し売上を向上させることができます。しかしO2Oの本質は単なる売上アップにあるのではなく、お客様の利便性の向上による顧客満足度の追及です。

どんな時代であっても顧客満足度を追及する企業が、売上を伸ばせないはずはありません。従来のPOSからタブレットPOSへの移行は簡単ではありません。がそれだけに競合他社も二の足を踏んでいるがチャンスです。

他社より早く導入を検討してみてはいかがでしょうか?


EC運営に役立つ無料ダウンロード資料