【全方式】ECサイトの作り方|個人から企業ECサイトまで

Yahooや楽天などのネットショップ以外の方法で、ECサイトを作ろうと考えた時、どうやって作ればいいのでしょうか?

「phpなどのプログラムがわからないから無理だ!」「個人ではネットショップの立ち上げは無理かな・・・」

などと、あきらめてはいませんか?実はECサイトは、無料で提供されているASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)を使えば、無料ブログの登録のように、画面の指示に従って作成するだけ、簡単にECサイトを作ることができます。

では、「個人の初心者でも簡単に作れるECサイト」から、「企業で使う本格的なECサイト」まで、世の中にはどのようなECサイトの作り方があるのでしょうか?大きくわけて下記の4方式があります。

①ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)
②オープンソース
③パッケージ
④フルスクラッチ

上記の4方式について本日はインターファクトリー(えびすマート)で、WEBマーケティングを担当している筆者が、ECサイトの作り方の全方式を「個人」と「企業」に分けて解説いたします。

続きを読む

EC事業についてのまとめ|BtoB,BtoC,CtoC

ECという言葉はすっかり定番になりましたが、英語ではe-commerc(イーコマース)といい、略称がECです。つまりEC事業というのは、インターネット上でおこなう電子商取引を行なる事業のことです。

EC事業の種類には、企業間取引「BtoB」(Business to Business)、企業と消費者間取引「BtoC」(Business toConsumer)、消費者間取引「CtoC」(Consumer to Consumer)があります。また、発音が似ていることから「to」を「2」に置き換えて、B2B、B2C、C2Cと表現することもあります。

EC事業者数は年々増加しており、経済産業省の調査結果によると、2014年度のECの市場規模はBtoBは約280兆円。BtoCは12兆7970億円と極めて大きな市場です。

本日はECを事業としてみた場合について、EC事業の種類から、EC事業の運営に必要なことまで、ebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説してまいります。

続きを読む

ECコンサルティングに仕事を依頼する前に知っておくべき事

「ECサイトの売上があがらない」もしくは「広告を出しているが、昔ほど効果がなくなった」などEC運営者のいろんな悩みがあるかと思います。そうするとプロのECコンサルティングに相談を考えたくなりますよね?

では、ECコンサルティングに相談すれば売上があがるのでしょうか?

結論から言えば、確実に売上は上がります。ECコンサルティングの結果、対前年比10%~50%の売上向上は見込めます。ただし、プロのECコンサルティング会社に依頼した場合に限られます。

一方でECコンサルティングと称し、実はただの広告枠販売や、ツール販売というのが多いのも実情です。では、どういったECコンサルティングの会社に依頼すればいいのでしょうか?

本日はECコンサルティングとはどんなサービスかを説明するとともに、ECコンサルティングで成果をあげる方法を本日はebisumart(インターファクトリー)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説するとともに、最後に筆者おすすめのECコンサルティング会社3社をご紹介いたします。

続きを読む

優れた海外ブランドのECサイトのデザイン20選

美しいデザインのECサイトの企画を考えるのでしたら、海外のECサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本のEC化率は約3%、全世界ののEC化率は約6.1%という数字からも、海外のECサイトの事例は日本より豊富なことが分かりますから、あなたの参考になるECサイトのデザインがきっと見つかると思います。

今日紹介するサイトは、ユーザービリティーを損なってもブランディングを強く押し出しているサイトばかりです。画像が美しくみているだけで、商品やブランドの興味がわいてきます。

本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が、海外の優れたデザインのECサイト20選をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

自社ECサイトの構築方法と自社ECのメリット・デメリット

ショッピングモールに比べて、自社ECサイトにはどんなメリットがあるのでしょうか?

楽天やAmazonなどのショッピングモールには、強力な集客力がある反面、独自のマーケティング施策が難しい傾向があり、モール内の価格競争におちいってしまう場合がありますが、自社ECサイトには独自の施策、ブランディングができるメリットがあります。

なぜならモール内では、ルールやシステムの縛りが多く、また全てをショッピングモールに委ねているため、自社の独自色や競合優位性を非常に出しずらいからです。

ひと昔前は、自社でECサイトを構築するには、ITベンダーがフルスクラッチでゼロからシステムを作る時代でしたから、大変なコストと時間がかかりました。しかし昨今、自社ECサイトは月額数千円から可能なASPサービスから、中・大企業規模にはECのパッケージサービスが各社から提供されており、自社ECサイトを構築する敷居はずいぶん下がりました。

今や、自社ECサイトは気軽に構築できる時代になったのです。

では、自社ECサイトを構築するには、どんな方式がいいのでしょうか?本日はインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを行っている筆者が、ショッピングモールと比較しながら自社ECのメリット・デメリットを解説し、最後に自社ECサイトの構築方法まで解説いたします。

続きを読む

業界別に分かるECサイト事例30選【アパレル/美容/食品等】

WEB担当者がECサイトの構築やリニューアルを検討する際、同じ業界や自社ビジネスと近い事例を参考にすると思います。

右肩上がりの成長を続けるEC市場で、日々新しいサービスやECサイトがリリースされる中、業界毎に販売手法やECサイトの運用方法は大きく異なります

ECサイト活用に対する考えも変化しつつあり、「商品を販売するツール」という考えから、顧客や在庫情報など、すべての情報をECサイト(システム)に集約し、DMP(データマネジメントプラットフォーム)としての役割を担っている企業もあります

そこで、300サイト以上の構築実績を持つ株式会社インターファクトリーの担当が、「ebisumart」導入サイトの中から、業界別・ソリューション別にECサイトの事例を厳選してご紹介します。

続きを読む

【2016年版】スマホ決済大手3社比較!各社の強みとは?

日本では2012年頃からサービスが開始されたスマートフォンのイヤホンジャックに小さな機器(クレジットカードを読み取る)を使ってクレジットカード決済を行うスマートフォン決済、いわゆる「スマホ決済(モバイル決済)」の導入が急激に増えています。

スマホ決済の導入が増えている背景には、下記のような理由があります。

1:導入の手軽さ
2:手数料の安さ
3:入金の早さ

導入する事業者にとってもデメリットらしい、デメリットはないため、今後も導入する事業者は増えつづけるでしょう。日本では大手3社(ペイパルヒアは2016年1月31日で撤退)がこの市場でサービスを展開しており、手数料もほぼ横並びです。ではどういった点に注目してスマホ決済の会社を決めるべきでしょうか?

本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が各社の強みを紹介しつつ「スマホ決済」について解説いたします。

続きを読む

マルチドメインでSEOを最大化するために知っておきたい事

マルチドメインとは、複数のドメインを取得してドメイン毎にサイトを分けて運営することです。

例えば、あなたがアパレル会社のEC担当者で「Aブランド」「Bブランド」「Cブランド」の3つのアパレルブランドがある場合、

・1つのドメインで、A、B、Cブランドを管理・運営するのがシングルドメインであるのに対して
・3つのドメインで、Aサイト、Bサイト、Cサイトを管理・運営するのがマルチドメインです。

このように、ブランド毎にドメインを分ける事をマルチドメインと言います。

なぜ、ドメインを複数に分ける必要があるのでしょうか?それはブランド毎(サイト毎)にサイトデザインやマーケティング施策を変えることができるというメリットのためです。特にSEO施策において大きなメリットがあります。

しかし、下記のようなデメリットも存在します。

・複数のドメインの管理が面倒
・文言などの大きな更新の際、複数のドメインの更新が必要
・入力フォームやCMSなどドメイン単位で必要でシステムコストがかかる。
・ECサイトの場合も、ドメイン毎にコストが発生

しかしこれらのデメリットを最小限にする方法もあります。それは複数のドメインに対して共通のシステム(CMSやECシステム)で管理できるバックエンドシステムを導入するのがよいでしょう。

本日は株式会社インターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを行っている筆者が、マルチドメインについて詳しく解説いたします。

続きを読む