中国向け越境EC構築のポイントと実現する3つの方式とは?

日本に来る中国人観光客の”爆買い”が騒がれている中、日本のEC事業者においてもこれをビジネスチャンスと捉え、中国人向けに越境ECを実現させ、中国のマーケットを取り込みたいという声はよく聞きます。下記記事によると2012年の中国の方が日本から越境ECで購入している額が1199億円から2014年には6064億円に達しました。さらに2018年には1兆3000億円になると言われており、この巨大なマーケットを見逃す手はありません。

引用記事:中国人の消費行動と越境EC市場規模について

では、あなたの会社の自社ECサイトを中国語対応すれば、越境ECを実現できるのかと言うと、そんなに簡単な話ではありません。

なぜならAmazonでさえも、中国市場においては自社ポータルサイトだけではなく競合するアリババグループの「Tmall(天猫)」に店舗を出店しており、Amazonポータルへの中国人ユーザーの誘導に成功していないのです。それくらい自社サイトでの中国市場の展開は難しいのです。

引用記事:アマゾン、競合アリババの「Tmall」に出店–中国進出の難しさ示す

では、なにがそんなに困難なのでしょうか?中国向けECサイトを実現するには中国語対応以外に下記のポイントを考慮する必要があるからです。

ポイント1:中国向けのサイト構築と集客
ポイント2:中国人向け問い合わせ対応
ポイント3:中国人向けのEC決済システム
ポイント4:中国の物流

これらを4つのポイントを踏まえた上で、越境ECを実現させるには3つの方式が存在します。本日はその理由を4つのポイントを解説した上で、越境ECを実現する3つの方式をインターファクトリー(ebisumart)でWEBマーケティングを担当している筆者が解説いたします。

続きを読む