中・大規模用のECパッケージベンダーを選ぶ5つのポイント


ECサイトの年商1億円を超える中・大規模のECサイトや、独自の要件を実現するためのカスタマイズECサイトの構築手法として、一番最初に浮かぶのはECパッケージの導入であると思います。

ECパッケージの最大のメリットは、ゼロからECサイトをフルスクラッチよりも、費用とコストが安くなるという絶大なメリットがあります。なぜならパッケージであるため、最初からECに必要な機能は全て実装されており、それをベースに自社の要件に合わせてカスタマイズを行うので、開発期間が短く済むのです。

本日は、ebisumartでWEBマーケティングを担当する筆者がベンダー選びやコンペを行う際に、どういった観点や注意点があるのかを5つのポイントに分けて解説いたします。

ECパッケージの初期費用と月額費用の目安と比較

まずは、ECサイトのプラットフォームには5種類ありあます。それらと比較して、ECパッケージの一般的な、費用感や、構築にかかる期間などを、下記表で比較してみました。

ECパッケージが必要なEC事業者の年商は1億円以上が目安になります

同じく中・大規模のECサイトのプラットフォームの候補としては、クラウドECもあり、費用感や構築期間は同程度です。ECパッケージの初期費用が300万円からというのは、カスタマイズをしないで、デフォルトの機能だけで導入する場合の価格で、カスタマイズやシステム連携をすると1,000万円以上は必ず費用が発生します。

この表の表記では具体的な数字を入れておりませんので、わかりにくいかもしれませんが、フルスクラッチで作る場合と比較すると、ECパッケージの方が安く早く構築できます。その差はパッケージであるため、すでにECに必要な機能が実装されているため、ゼロから作るよりも格段に早く構築できることがわかります。

そのため、10年以上前までは中・大規模のECサイトを作る時は、フルスクラッチしか方法がありませんでしたが、現在は、このマーケットはECパッケージあるいはクラウドECが主流になっております。

ECパッケージベンダー選びの5つのポイント

では、ECパッケージを検討する場合、どの業者に依頼するのが良いのでしょうか?これからECサイトの構築やリプレイスをする企業のEC担当者向けに5つのポイントで解説いたします。

ポイント①自社が実現したいECサイトに近い事例があるか?
ポイント②ECパッケージの管理画面を事前に確認すること
ポイント③ECパッケージで実現したいデザインが本当に可能か?
ポイント④プレゼン力に騙されるな!ECパッケージ会社に必要なのは技術力!
ポイント⑤ECサイトリリース日から5年間のことを想定してみる

ポイント①自社が実現したいECサイトに近い事例があるか?

近い事例があると費用が安くなる

中・大規模のECサイトとなると、独自の要件が必ずあるものです。フルスクラッチより安いとはいえ、ECパッケージであっても、数千万円の開発費がかかります。そこで

EC担当者「それなりに費用がかかるのは分かるが、減価償却も考えると、なるべく費用は安くしたい。」

と思うはずです。実はECパッケージベンダーを3~5社呼んで見積りを出させると「A社とB社では費用が2倍も違う!」と言うことがあります。その理由の一つがECパッケージベンダーが過去に近い事例の開発を行った経験がある場合、過去にノウハウを基に開発を行うことができるため、工数が抑えられるのです。

そうなると、自社で実現したいECサイトの要件に近い実績があるパッケージベンダーを選ぶことが重要になってきますし、逆にベンダーが提出した見積り書の金額が高すぎると感じた場合は、

EC担当者「あなたの会社は、過去に○○社のECサイトを構築しており、弊社のECと要件が近いのに、なんでこんなに費用がかかるのか?」

と、聞いてみて、見積書の正当性を確認してみてください。ただし、あまり追い詰めるような言い方だと、そのベンダーと信頼関係を作れず、プロジェクトが上手くいかなくなる恐れがあるので、事実をもとに感情的にならずに聞いてみましょう。

近い事例があると、認識ズレが起こりにくい

また、やりたいことに、近い事例があるというメリットは、それだけではありません。要件の認識のズレが起きにくいメリットがあります。ECパッケージベンダーも、多くの事例を扱っており、ECのことはプロですから、EC独自の要件は慣れています。

しかし、通常のECサイトから大きく要件が離れている場合は、ベンダー側が様々な要件をヒアリングし、仕様に落としていく必要があり、認識の齟齬が発生する可能性が増える傾向があります。例えば、ECサイトに”座席予約システム”や”オークションの仕組み”を取り入れたり、要件が極めて複雑なBtoBの要件であったりするケースのことです。

こういった独自の要件であっても、すでに経験しているベンダーは、理解も早いため、ECサイトのクオリティーも高くなります。

こういったことから、自社が実現したいECサイトに近い事例を経験しているパッケージベンダーを選ぶことは大切なポイントであることが分かります。

ポイント②ECパッケージの管理画面を事前に確認すること

ECベンダーを選ぶ際は、見積りや機能ばかりに目が行きがちです。しかし、ECサイトが完成してからは、運用面が大切です。ECパッケージの場合は、ゼロから開発するわけではないので、すでに基本の管理画面というのが存在します。その管理画面が使いやすいかどうか?というのも重要な要素です。

管理画面のデモは、どのパッケージベンダーも提供していますが、ベンダー会社の営業の説明をただ聞いていて管理画面が良いのか、悪いのかわかりません。ベンダーに問い合わせればデモ用の管理画面を使えるはずですから、自社のEC担当者に使わせてみて、

・商品登録
・受発注処理

などを実際に行ってみるべきです。管理画面の使い勝手もベンダー選びのポイントに必ず入れておきましょう。もし使い勝手が悪い面があるなら、カスタマイズが可能か?どれくらいの費用が追加でかかるのか?も確認してみてください。

ポイント③ECパッケージで実現したいデザインが本当に可能か?

中・大規模のECサイト では、様々なデザインに対する要望が出てくることが多いですから、デザインもしっかりしたものを作らなくてはなりません。ECパッケージであれば、どのベンダー製品であっても、デザインは自由にHTMLとCSSで自由に表現できますが、本当に実現可能なのか?を確認しなくてはなりません。

ECサイトのTOPページや、商品ページなどは、比較的どのECパッケージであっても、自由に表現できることが多いですが、ショッピングカート周りのデザインはカスタマイズされることが前提ではないため、デザインに制限があり、もしカスタマイズをするとなると費用が大きくかかることがあります。

商品ページやサイトのTOPページのデザインなどは、要件の対象になりやすいですが、カート周りのデザインは要件から落ちてしまうことがあります。そしてこのカート周りのデザインは、注文する前後の画面であり売上に影響しやすい部分でもあります。

カート周りのデザインが、どうなっているのかは、担当営業に聞いてもわかりますが、ECパッケージベンダーのホームページに事例に出ているECサイトで、購入寸前まで試してみることで、カート周りのデザインを確認することができます。

ただ、筆者の意見になりますが、もしカート周りのデザインの改修が、CVRを向上させるためのWEBマーケティングのための改修であれば問題はありませんが、それが単にデザインの徹底ということになると、結構な費用がかかりますので、本当にその改修が必要なのか?を検討してみるべきです。

ポイント④プレゼン力に騙されるな!ECパッケージ会社に必要なのは技術力!

大規模のECサイトとなると、その開発予算も数千万円以上となることもあり、大きな取引です。各ECパッケージベンダーも、最終選考のコンペには、エース級の社員がプレゼンテーションに参加することもよくあります。そんな気合の入る最終選考のプレゼンテーションは、ベンダー選定において最も重要な場になります。

ここで気をつけないといけないのは、プレゼンテーションだけが凄く上手い会社です。何千万円の投資にもなると、当然最終選考の場には、発注元の役員や社長も参加することになります。ここでECパッケージベンダーも、プレゼンテーションが上手いエース級の社員が担当します。

そのエース級の営業が、見事なビジョンや世界観をプレゼンテーションで表現します。そうなると、最終選考だけに出席する社長や役員もすっかり、その気になり「あのプレゼンはしびれた!彼の会社にしよう!」ということになります。しかし、プレゼン上手な会社が、開発力もあるとは限りません。

ECサイトではありませんが、この手の話はよくある事で、大手広告代理店でよく使われている手法です。

最終選考のプレゼンテーションには、エース級の営業がプレゼンを行いますが、選考の結果、その会社に仕事を発注しても、エース級の営業が担当してくれることはありません。代わりに、経験の浅い研修途中のような担当がアサインされる事があり、運用開始後の大きなトラブルの原因になっています。

話を戻しますが、ECパッケージベンダーの選定で大事なのは、やはり技術力なのです。多少プレゼンの構成がつまらなかったとしても、その会社に技術力があるかどうかが大切なのです。最終選考では、その点を比較検討するようにしましょう。プレゼンだけで、技術力を把握することができなれければ、質問をしてみたり、開発を担当する技術者を最終選考の場に同行させるように求めてみましょう。

その他に技術力があるかないかの選定ポイントとしては、そのECパッケージを自社の技術力だけで開発したのか?という点も重要な要素です。例えばECパッケージであっても、「オープンソースを利用して作ったもの」と、「自社でゼロから作ったパッケージ」では、どちらが技術力が必要なのか?と考えてみることもベンダー選びでは重要です。

例えば、技術力を図る目安の一つですが、クラウドECであれば、クラウド環境のシステムの「柔軟性・拡張性」と「最新性」を両立させるには、高い技術力が必要となるため、クラウドECのベンダーであれば技術力がある程度高いと思っても良いでしょう。

クラウドEC:ebisumart

ポイント⑤ECサイトリリース日から5年間のことを想定してみる

ECパッケージ選びの、最後のポイントです。それはECサイトリリースから5年間のことを想定しておくことです。それを事前に想定しておけば、中・長期的に開発費を抑えることができるからです。

具体例をあげてみましょう。

例1:2019年10月の消費税対応

例えば2018年10月にECサイトをリニューアルした場合、2019年10月に予定される消費税率引き上げへの対応を視野に入れておかなくてはなりません。このことを念頭に置くなら、事前にECパッケージ会社に「消費税対応は、カスタマイズで対応するのですか?」「その場合いくら費用はかかりますか?」と聞いておけば、将来かかる費用感もECベンダーを選ぶ基準の一つになります。

※余談ですが、弊社のenisumartならば、消費税対応について、実は管理画面のパーセンテージの数字を8%から10%にEC担当者が変更するだけで対応可能であり、費用は一切かかりません。こういった機能がECパッケージベンダーに実装されていないのか?聞いてみましょう。

クラウドEC:ebisumart

例2:リリース2年後のECパッケージの最新のモジュールの適用

ECパッケージベンダーには「システムの陳腐化」に対して、どのような対策を取るのか聞いてみましょう。通常ECパッケージは、開発する時に最新のバージョンを基にして、それをカスタマイズをして、ECシステムを構築します。

しかし、リリース後、2年も経つとパッケージのバージョンが古くなります。もちろん最新のモジュールを適用できるケースもありますが、カスタマイズを行っていると、それができないケースがほとんどです。こういった事情にパッケージベンダーがどのように、陳腐化を防ぐのか?あるいはコストが必要なのか?を事前に確認しておきましょう。

例3:3~5年後のECサイトのリニューアル

そして、リリース時には最新のシステムであっても、3~5年もたつと最新のトレンドやセキュリティー環境にECシステムが対応できなくなってきます。そうなると当然ECシステムのリニューアルが発生します。その目安が何年後なのかを各ベンダーに過去の実績から聞いてみましょう。

ECサイトのリニューアルには、とても大きなコストと負担がかかります。ECパッケージベンダーのユーザーの継続率や、平均何年でリニューアルを行っているのか?そういったことも事前にECパッケージベンダーに聞いてみるべきです。

また、クラウドECの場合は、常にシステムが自動更新されるため、「二度とECサイトのリニューアルが必要なくなる!」ことも知識として覚えておくと良いでしょう。

ECパッケージのまとめ

本日はECパッケージベンダーを選ぶための5つのポイントを解説いたしました。重要なのは

✔やりたいことが実現できるのか?その実績があるか?
✔プレゼンにごまかされない!開発力やサポート力があるベンダーか?
✔将来のことも念頭に入れておく!

ということです。何千万もするシステム投資ですから、慎重過ぎるくらいで丁度良いでしょう。また、選定先のECパッケージベンダーを使ったことがある人が知り合いにいる場合は積極的に連絡をとって、実際はどうなのか?を聞いてみるべきでしょう。


EC運営に役立つ無料ダウンロード資料